【絵本】『森のポパー』カサハラチュウ ・ふくながゆみえ

基本情報

文  カサハラチュウ  絵 ふくながゆみえ

出版  2013年

出版社 株式会社グラフィオ

スポンサーリンク

内容

弱虫と馬鹿にされたポパーは、みんなが怖がるイドラを見に行こうとする。そうすれば馬鹿にされなくなると思ったから。

感想

イドラという名前から物語の結論はでている。ざっくりいえば偏見とか先入観とかになるのかな。

ところどころ、わからないところがある。それがすっきりしない感じになる。

ポパーはかわいいが、うさぎはかわいくない。