kindle unlimited 使ってみた感想

通常はひと月980円のkindle unlimited。それが現在2か月で99円ということで(2020年6/28日まで、他条件あり)使ってみました。小説数冊と漫画をそれなりに読みました。媒体はIpadpro のキンドルアプリです。なお、初めての使用ですので私の知識不足によることもあるかもしれませんが、初めて利用する方は同じような境遇だと思いますのでお許しください。

感想本を読むのはいいが漫画は微妙。99円だから我慢はできる。

以下、漫画が微妙であった理由を書き連ねます。

微妙な理由①シリーズ途中で終わることあり

ざっと読み放題対象のコミックを見ていく中で、永田晃一「鬼門街」が気になり一冊読んでみた。

読み終えて次に行くと、二冊目からはunlimitedの対象ではなかった。

もちろんシリーズ全部読めるものもあったが、最初の時点でわからないので困る。

スポンサーリンク

微妙な理由②スムーズに次の巻にいけない

ある巻を読んで次に行くときに、次が読み放題の対象であってもスムーズにいけない。(私が知らないだけかもしれないけど)

ドクムシは1巻も2巻も読み放題の対象である。一巻の最終ページがこれ

次のページに行くと「本を閉じる前に」となってこうなる。

そうすると当然、「シリーズの次巻」の画像をタップするが画像は反応なし。なのでサンプルを試すが目立っているため、普通そちらを押すだろう。しかし、ここは文字通りサンプルなので、有料の場合のサンプルと同じ扱いである。ここで次の巻に行くには、目立っている「サンプルを押す」ではなく、横の「詳細はこちら」をタップしなければならない。

すると無事に次の巻にいける。わかりにくいです。

微妙な理由③検索がしにくい

PCからならまだましだが、Ipadのkindleアプリからだと思うように検索できない。もちろん特定の書名がある場合は簡単だが、「読み放題の漫画」をパラパラ見たいとなったときに、非常に戸惑う。

たとえば、「新しい本を検索」のページで一番下にある「他のカテゴリ」の中の「マンガ」をタップする。

すると読み放題関係なく、全種類の漫画を対象としたページがでてくる。

これでは目的が達成できないので、前のページに戻り中央部の「Kindle Unlimited」をタップする。

すると、当たり前だが、本や雑誌や漫画、つまり読み放題の全対象が出るページになるだけである。一番下まで行くと、「マンガの人気タイトル」はあるが、これではない。

ここではその右下の「カテゴリ」をタップするのが正解となる。わかりにくい!

微妙な理由④ラインナップが微妙

読み放題の性質上、仕方がないのかもしれない。これは他の読み放題サイトを一つしか利用していないから(そのサイトも微妙ですぐやめた)断言はできないが、何も鬼滅の刃を全巻読ませろ!といっているわけではない。読みたくなる漫画は片手で数えられるくらいしかなかった。理由①とも重なるが読みたくなるようなマンガは途中で終わってるし。

結論→マンガメインは厳しいが、99円なら本や雑誌はいいかも!