小説

小説

【小説】『豊臣家の人々』司馬遼太郎

基本情報 作者  司馬遼太郎 出版  昭和46年 出版社 角川書店 目次 第一話 殺生関白第二話 金吾中納言第三話 宇喜多秀家第四話 北ノ政所第五話 大和大納言第六話 駿河御前第七話 結城...
小説

【小説】『ニートが恋をしたら悪いのか』俵一郎

生活保護を受けるために子どもを作ろうとする。子どもができれば愛の力ですべてが解決するぜ!
小説

【小説】『ラストで君は「まさか!」と言う 予知夢』編集 PHP研究所

まさかとは一度も言わなかった
小説

【小説】『言葉屋3 名前泥棒と論理魔法』久米絵美里

言葉屋の家に生まれた詠子は現在修行中。中学入学で色々な思いが交錯する中、優しく勇気をもって友達を照らしていく。
小説

『モンテ・クリスト伯』⑦(完) アレクサンドル・デュマ

復讐に燃えたダンテスは、予想を超えた悲劇に後悔の念をいだく。彼は敵に救いを与え、恩人の息子に全てを与えて去る。待て、しかして希望せよ。
小説

『モンテ・クリスト伯』⑥ アレクサンドル・デュマ

メルセデスは、モンテクリスト伯の正体に最初から気付いていた。彼女の叫びがモンテクリスト伯の決心を鈍らせる。
小説

『モンテ・クリスト伯』⑤ アレクサンドル・デュマ

ダンテスの復讐の計画は着実に進んでいった。メルセデスだけはモンテクリスト伯の正体について何かを感じていた。
小説

『モンテ・クリスト伯』④ アレクサンドル・デュマ

モンテクリスト伯は、復讐のため外堀をどんどん埋めていく。関係者たちはしらずしらずのうちにそれまで嘘で塗り固められていた日常が崩れ落ちていく予感を感じていた。